トップページへ お取り寄せ ブログ お問い合わせ アクセス メニュー セ・サンパについて

クリスマス限定ディナー ご予約受付中です!


クリスマス 限定ディナー ご予約受付中!
12月22日・23日・24日・25日のディナータイムのみのご提供です。
※ディナーのスタート時間は18時30分とさせていただきます。
※期間中ランチタイムは、12:30オーダーストップとさせていただきます。

恒例のツリー登場! 木の香りに癒されてます♪ 〜セサンパ森林浴〜

 

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。。:+* ゚ ゜゚ *+:。
クリスマス限定ディナー
お1人様 9,000円(税・サ別


クリスマスのアミューズ
フォワグラのトリュフシュルプリーズ
牛ほほの赤ワイン煮ショーフロワ
アボカドと小エビのサラダ ツリー仕立て


聖護院かぶらのムースと海の幸(雲丹・ずわい蟹・甘海老)のカクテル
フレンチキャビア添え コンソメジュレ仕立て

カナダ産オマール海老のビスクスープ

愛媛県産真鯛のムース詰め パイ包み焼き アンクルート
ソースヴァンブランとアメリケーヌで

蝦夷鹿のソテー ラズベリーと青コショウのソースポワブラード
契約農家の野菜を添えて
又は
国産牛ロースのポワレ 西洋山葵と共に
契約農家の野菜を添えて

パン

クリスマスのデザートヴァリエ

小菓子

カフェ(コーヒー、紅茶、エスプレッソ)

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。。:+* ゚ ゜゚ *+:。

暖かかった秋のせいか、まだ12月の実感がありませんが、
ハッ!と気づけば12月…。
クリスマスです! クリスマス!
師走ならぬシェフ走で、毎日準備にてんやわんやしております。

  今日はこんなものを↓
  さて、これはいったい何でしょう?!
  当日のお楽しみ〜デス♪

ご予約お待ちしておりま〜す!!

 

スイスとパリ旅行記-ところがどっこい編

魔女のおかげで(?!)メインイベントの
マッターホルンを断念し、ガッカリな旅のつづき…
かと思いきや!

「スイスには見どころがたくさんあるんだよ。」
と、余裕の笑みを浮かべて
翌日、彼が連れて行ってくれたのは
レマン湖に面したラヴォー地区。

世界文化遺産に登録された、千年の歴史がある美しいブドウ畑で、スイス有数のワイン生産地です。
千年前の日本は平安時代の中期、紫式部が源氏物語を書いた頃から作り続けているんですねぇ。


↓ 車窓から見えるレマン湖、瑞々しいブドウ畑、対岸は雄大なフレンチアルプス!!

 太陽を反射してキラキラと輝く
 レマン湖を見下ろすように
 丘の形に沿って並ぶブドウ畑。

 畑の一画にギュギューっと建ち並ぶ
 生産農家の古い石造りの家。

 あったらイイなぁ…と
 夢に描いた世界のジオラマを
 旅しているかのよう。

 家の前の椅子に腰かけて、
 近所のお婆さん達が、
 笑顔で話し込んでいる姿を見て
 改めて千年続いてきた、ここでの生活が
 奇跡のように感じられました。









ラヴォー地区で生産されるワインには8つの銘柄があって
彼はデザレー(Dézaley)のワインが一番好き!

スッキリと爽やかで切れのある、
それでいて味わい深い辛口の白ワインです。























 
ランチはご近所さんで賑わうカジュアルなレストラン。
 明るい木漏れ日の下、
 ご当地ワインと、名物の魚料理に舌鼓。


 ←淡水魚ペルシュ(パーチ)を使った名物料理
  クセの無い淡白な白身のムニエル、
  シンプルにレモンで。



夜は1つ星のフレンチレストランへ。
可愛らしいカラーリングの一軒家です。

飾り気のない穏やかな笑顔のマダムと家庭的な雰囲気の店内で、
美しく盛り付けられた絵画のような
お料理を楽しみました。


↓ はいっ チーズ!
 前夜は、イタリアンを泣く泣く食べ残し、
 マッターホルンにも行けなくなって、
 彼にもシェフにも申し訳ない…と
 心から思っていた(ハズ)の私でした。。。
 ところがどっこい!です。

 スイス万歳!


翌6月19日は、レマン湖クルーズ!
ローザンヌからモントルーを経てシヨン城までの船の旅です。

↓左に見えますのはラヴォー地区〜 彼方に見えますのはフレンチアルプスでございま〜す♪


昨日、葡萄畑から見下ろしたレマン湖を
今日は、2階建ての白い客船で進みます。

クルーズ船から見たラヴォー地区 →


ちょうど日本の秋の空のよう。
高く、青く澄んだ空に
薄い雲が風に流れています。

いくつか立ち寄る船着き場は、花々が咲き乱れ、
輝く湖面も、停泊している船も、白い木造の家々も
カラフルなTシャツ姿の住人や旅行者も、
気持ち良く深呼吸しているかのよう。









クルーズ船の2階席で景色を見ながら、またまた豪華なランチタイムです。



シヨン城で折り返し、ローザンヌに戻ると、
そろそろ夕飯の時刻。

近くのホテルのテラス席でディナー。
スイスはどこに行っても野鳥が人懐こい!
テラス席にはスズメが一緒に食卓を囲みます。


そして、これが今回の旅行では彼と最後の食事です。



この夜は、彼が手配してくれたローザンヌ駅の真ん前のホテルに
泊まり、明日はTGB(特急列車)でパリへ出発します。

「明日は土曜日だから、ローザンヌの隣の駅でマルシェがあるよ。」
と、なんと一緒に隣の駅まで電車に乗って、場所を案内してくれました。

そして、ついにやってきた別れの時。

81才の彼にとって、毎日2〜3時間の車の運転やハイキングは
決して簡単なことではなかったはずです。
でも、毎日笑顔で「う〜らら〜♪」と楽しそうに案内してくれました。

そんな彼への感謝の気持ちで胸がイッパイ!
精一杯の気持ちを込めて、スイス流の挨拶を交わし
3人とも満面の笑顔で「きっとまた会いましょう!」
と約束をしてお別れました。

さて、ここからはシェフと私2人だけの旅のはじまり、はじまり〜。
というわけで、ローザンヌのマルシェへと続きます。

 

スイスとパリ旅行記-トホホ編

初日は広大な緑の牧場と美しい古都ルツェルンに魅せられ
翌日はユングフラウヨッホの奇跡のような雄大さに圧倒され、、

見たこと、聞いたこと、肌で感じたこと…
全てが想像を遥かに超えるものばかりで、
頭も心もフル回転の2日目が終わろうとする夜、
私たちはトゥーン市のイタリアレストラン ドメニコで食事をしました。


天井の高い高級感のある白い建物の中を抜けると、
100席はあろうかという広いテラス席。
傍らを川が流れ、大きな木が茂る緑豊かで開放的なテラスは
夜10時を過ぎても、家族連れやロマンチックな雰囲気のカップルで
ほぼ満席。

ワインと豪華な(そしてどのお皿も大量の)食事を囲んで
彼が明日のマッターホルン観光の計画を話してくれる間、
ワクワクと期待に胸を膨らませつつ、
お腹も膨らませていたのでした。

↓手前はシェフが頼んだピザ。顔2つ分ぐらいあります↓
 

↓60cmの大皿にド〜ンと魚料理、付け合せは大量のおイモ!↓


ちょっと失礼してトイレに行った時です。
スイス到着以来ハイテンション続きの中、
少し気が抜けてホッと一息。
さあご馳走の待つ食卓に戻ろうと歩き出した瞬間でした。

「ギクッ!」←正確には「ギックリ!!!」
まさか、まさかのぎっくり腰。。。
腰に稲妻のような痛みが走り、動けなくなりました。

ぎっくり腰はドイツ語で「魔女の一撃」と言うのだそうです。
よく言ったものです。

でも…よりによって、日本からはるばるやってきたスイスの
それも美味しいレストランのトイレに現れることは
ないでしょうが・・・!

あまりの激痛と心細さに泣きそうになりながら
「もうこれで旅行は終わるのか…」とガックリ。。。

様子を聞いて駆けつけた彼とシェフに支えられて
食べかけのご馳走もそのままに(泣)、ともかく店を後にしました。

手加減をしてくれた一撃だったのか、その後、奇跡的に1時間ほどで回復し、
翌朝は何事も無かったかのように復活したのですが、調子に乗るのは禁物!
とマッターホルンはキャンセルに…

あのレストランのご馳走も含めて、いつかリベンジを!と心に誓い
スクワットで体を鍛える毎日です。

と言うわけで、予定を変更して翌日はレマン湖周辺へ。

つづく
 

セサンパの商品がテレビで紹介されました!

8月31日の深夜1時、BS無料チャンネル Dlife『ラジオな2人』の
「絶品!千鳥寄せ」というコーナーで、
セサンパの「国産牛ほほ肉のトロトロ赤ワイン煮込み」が紹介されました。
 

番組は9月6日まで↓インターネット↓でも無料配信中。
是非ご覧下さい!

http://dlife-catchup.disney.co.jp/video/play/31194


1か月ほど前に番組の担当者様からお電話を頂きました。

『ラジオな2人』は吉本新喜劇の芸人さんが日替わりで登場するトーク番組で、
千鳥さんが担当する月曜日の人気コーナー「絶品! 千鳥寄せ」で
「国産牛ほほ肉のトロトロ赤ワイン煮込み」を紹介したいとのことでした。


そして昨晩、いよいよオンエア!
「絶品!千鳥寄せ」は、千鳥さんのマネージャー岸さんが
全国から探してきたお取り寄せ商品を紹介するコーナーで、
お2人の内、クイズや課題に勝った方だけが食べられます。


この日の勝者は大悟さん。
とっても美味しそうに食べて下さって嬉しかった〜!
その横で本当に羨ましそうなノブさん、一口だけでも食べさせてあげたかったです。

番組関係者の皆様、千鳥のお2人、マネージャーの岸さん、
本当に有り難うございました!!
 


スイスとパリ旅行記-スイス前半

6月15日午前発の便で関空から一路スイスへ!
15日の夜19時頃にチューリッヒ到着。
時差は7時間、約12時間のフライトでした。

夏至が近く夜9時半頃までは日本の夕方5時ぐらいの明るさの中、
空港に迎えに来てくれた彼は私たちを見つけるとニッコリ笑って
大きな声で「コンバンワー!」
私たちも声を揃えて「こんばんはー!」
日本から遠く離れたスイスでまさかの開口一番の挨拶。

トゥーン湖を見下ろす絶景の家↓↓に泊めて頂き、翌日はルツェルンへ。
トゥーン湖を望む家
 
ハイジ、ハイジ途中、少し遠回りになるケド、
と彼が選んだのは、360度牧場地が広がる、
なだらかな山を眺めながらのドライブコース。
放牧された何十頭もの牛が、その広い広い
山肌でのんびり自由に牧草を食んでいました。

ハイジが暮らすアルプスの風景は、
一部の保存地区の観光名所なのだろうと
想像していたのですが、
もう見渡す限りハイジ、ハイジ!




お昼はお城を模した高台のホテル
Château Gütsch (シャトーギュッチ)のレストランで。
美しいルツェルンの町を見下ろす絶景のランチタイム。
↓シャトーギュッチから見えるルツェルンの町と、町から見たシャトーギュッチ↓
お城のレストラン ルツェルン町並みとレストラン

ルツェルンの橋食後はルツェルンの古い街並みを散策。
優雅に流れるロイス川に架かるカペル橋
を渡って、川のほとりのカフェで一息。
 
夜は私たちのリクエストでラクレットを
食べに。
「美味しいモノづくし」の「美食攻め」に
しよう!と目論んでいた彼にとっては
想定外のリクエストだったようで、
「何でラクレットなんだ?!」と怪訝な反応。

まるで懐石料理に連れて行く予定だった
のにタコ焼きが食べたい!
と言われたかのようでした。
でも、タコ焼き万歳!ラクレット万歳!
美味しかったです。

ヨッホ 



















翌日はユングフラウヨッホへ。

電車に乗って、たくさんの花が咲く美しい緑の山と
雄大にそびえたつ氷壁を眺めながら、
標高3454m、ヨーロッパで最も標高が高いユングフラウ駅へ。

以前カレンダーで見た、その景色の中にいる不思議な感覚。

頂上は霧で景色は全く見えませんでした。
が、1つ手前のアイスメーア駅では、岩山をくり抜いた窓から
クッキリと美しい氷河を見ることができました。

少しこわいぐらい荘厳な景色。
本来なら熟練した登山家にしか見ることができない景色が
目の前に広がっていました。
写真を撮りましたが、奇跡のようなその景色を目に焼き付けたくて
電車が出発するギリギリの時間まで見つめていました。


夜はイタリアレストランで夕食。
明日はいよいよマッターホルンへ!

のハズだったのですが…。。。つづく

 

スイスとパリ旅行記-そもそも編

6月15日〜27日まで、オープン以来初めての長期休暇を頂いて、
スイスとパリに研修旅行に行ってきました。

「研修」と言っても今回の旅の一番の目的は、
スイスの知人に会いに行くことでした。

そもそも、その方はセサンパをオープンして1か月目に
フラッと入って来られたスイス人で当時76歳。
朗らかでユーモアのある紳士です。

ディナーを楽しんで帰られた翌日も、そして何と、その翌日も、またその翌日も…
京都を離れるまでの4日間、毎晩連続でディナーにお越し下さったのでした。

同じお料理を出さないように、とシェフ奮闘の結果、
毎晩とても喜んで下さいました。

最後の夜、「次は君達がスイスに来てくれ」と仰った紳士に
再会を約束してお別れしました。

ただ、フラッとスイスまで会いに…という訳にもいかず、月日は流れ、
昨年2014年10月、「また京都に行くからディナーを予約したい」
とメールを頂き、4年半ぶりの再来店。

80才になった彼は、相変わらず明るく朗らかで、
「君たちはいつスイスに来るんだ? 私はもう日本には来られないかもしれないから、
今回はその計画を詰めに来たんだよ。」とのこと。

2回も京都の小さなレストランにわざわざ足を運んで下さった彼の言葉に、
私たちもグイグイとその気になってしまいました。

そして、紳士が初めて店に来た日のことをシェフが話した時のことです。
「私たちがレストランをオープンしたのは3月16日、あなたが来たのは約1ヶ月目のことでした。」

それを聞いた彼は
「えっ? 3月16日は私の81歳の誕生日だよ。」

偶然と言うのは時々すごい勢いで背中を押してくれるものですが、
何だかとっても運命的な出会いを感じてしまった私たちは、
「これはもう、行かねばなるまい!」
という訳で、6月15日、彼が暮らすスイスへ旅立ったのでした。

 

ツツジが見頃です

春雨…と言うにはシッカリと雨の多い春が過ぎて、
アッ!と言う間に5月がやってまいりました。

日差しが急に明るく、風景がにわかにメリハリを増してきたように感じられます。
そのメリハリの一因(?!)の ツツジが、彼方此方で一斉に咲き始めました。

セサンパのご近所の神泉苑も、ツツジの花が最盛期を迎えようとしています。
濃いピンクや淡いピンクのツツジが彩りよく咲いて
爽やかな空の色と、涼しげな池の水面に映えて、とても美しいです♪

写真は4月29日の様子です。7〜8分咲きでした。



明日5月2日から神泉苑祭が行われます。
お近くにお越しの際は、是非ちょっと立ち寄って見られてはいかがでしょうか。
http://www.shinsenen.org/saiten.html


 

タケノコ

毎年お願いしている長岡京の農家さんから、
今年も採り立てホヤホヤのタケノコが届きました。


すぐに下ごしらえをして準備万端!
早速、メニューに加えることにいたしましょう。
新鮮な風味イッパイの春の味覚をどうぞお楽しみに♪


さて、タケノコと言えば忘れられない思い出があります。
もう20年も前のことですが、初めてのタケノコ堀りに
友人達と出かけた時のことです。


その日一番の楽しみは、掘り立ての生のタケノコのお刺身。
友人の一人が何かの本でその食べ方を読んだと聞いて、
お刺身!お刺身!とワクワクしながら、せっせと掘りました。


3時間ほどで50本ぐらい掘り出し、ついに試食タイム!
小さめのタケノコをスライスして、持参したお醤油につけて一口パクッ
柔らかくて、瑞々しい歯ごたえ、そして何よりタケノコ独特の
春の香りが口の中いっぱいに広がって一同感動!


「美味しい〜♪」
皆で夢中になって、お腹がいっぱいになるまでパクパク食べ続けました。

すっかり満足して車で帰る途中、
何となく口の中に違和感が…。
舌がピリピリっとしびれているのです。


アレ?と思う間に、今度は手の指が同じようにしびれ出し、
目で見ても指が小刻み震えているのがわかりました。
そのうち、お腹の調子も……

全員が同じ症状で、一時はどうなることかと本当にビックリしました。


3〜4時間ほどで症状は治まりましたが、気になって後で調べてみると、
タケノコは掘り立て1時間以内のものでないと、
お刺身では食べられないようでした。。。


タケノコは「湯を沸かしてから堀りに行け」と言われるほど、
掘った瞬間から鮮度が急激に落ち始めるのだとか。
掘り始めてから3時間も経過したタケノコを、生で一人一本分も食べたのですから、
あまりの灰汁の量に体がビックリしたのでしょうねぇ。。

でも、美味しかったので、また機会があればチャレンジしたいです。
今度は掘り立て1時間限定のタケノコで♪



セサンパでお出しするタケノコは、
灰汁もえぐみもなく、美味しく召し上がって頂けるよう下処理をしておりますので
安心して春の味覚をお楽しみ下さいませ♪

二条城のライトアップ

今年も二条城のライトアップが始まりました。
期間は、3月20日(金)〜4月12日(日)

 
詳細はコチラ
 


 
数ある京の桜のライトアップの名所の中で、
二条城ならでは❗️ の魅力は…
 
◎品種の多彩さ
  約50品種 の桜が時期を変えて華やかに咲き移ろいます。

 
◎幻想的な美しさ
足を踏み入れられない広い庭園(清流園)に咲く桜は、
私の好きな夜桜のトップ3に入ります。
薄闇の中に幻想的に浮かび上がる桜のグラデーションは、
毎年、見飽きることなく、時を忘れて見とれてしまいます。


◎人が多くても大丈夫❗️
毎年、桜の時期は桜の花を見に来たのか、人の頭を見に来たのか…
と、疲れてしまわれるお客様がたくさんいらっしゃいます。
広大な敷地に建つ二条城は、贅沢な花見空間。
散策路で渋滞に巻き込まれる心配はありません。


なんと和装の方は入場料が無料になるそうです



気温が上がったり、急降下したり、不安定な毎日ですが、
今週末から来週初めにかけてはグググッと気温が上昇!
つぼみが急にふくらみそうですよ♪


 

5周年。

本日3月16日、セサンパは5周年を迎えさせて頂きました。

5年間に賜りました温かいご愛顧と、ご支援に、
心より深く御礼申し上げます。
有り難うございます。

たくさんお祝いのお花を頂きました

ご家族やご友人との楽しいご会食に、
自分へのご褒美に、
ご旅行中のお食事に、
大切な記念日やお祝いに…
レストランへお越しになるきっかけは様々と思います。

どんな一日であっても、
その日がお客様にとって特別な、素敵な一日になりますように、
と願って、これからも一日一日を大切に
頑張って参ります。

今後ともセサンパを、どうぞ宜しくお願い致します。


 

<< | 2/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>



selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM