トップページへ お取り寄せ ブログ お問い合わせ アクセス メニュー セ・サンパについて

スイスとパリ旅行記-オーシャンゼリゼ〜♪編

6月20日、ローザンヌ駅からTGVに乗って一路パリへ。

ホテルのビュッフェとマルシェでお腹も満足、
のどかで美しい絶景を見ながら、約4時間の優雅な列車の旅♪
のハズでしたが…

「ハァ〜きれいだなぁ〜」と見とれているうちに
うつら うつら… zzz zzz

ハッ!!と気付けばパリのリヨン駅に到着。
と〜っても心地良い(まさしく夢見心地な)列車の旅でした。。。


                                           ↓ リヨン駅 ↓
見上げるほど高いリヨン駅のアーチ型の天井は
むき出しの黒い鉄骨が網の目のように走り
その隙間から入る日差しまで少し暗く
すすけたように見えます。

 
古い構内は、迫力があって
昔見たスパイ映画の世界に入り込んだよう。




 とりあえずホテルに荷物を置き
 地下鉄に乗ってシャンゼリゼ通りへGO!

 着いたのは夜20時ごろ。
 まだ日本の15時ぐらいの明るさです。




お腹が空いたので
(朝から食べて寝たダケですが…)
凱旋門が見えるカフェで食事!


お腹の勢いに任せて注文した結果が
コレです。
テーブルからはみ出しそう♪







ちょっと言い訳 …-------------------------------
レストランやカフェのメニューには
↓こんなマーク↓ が付いている料理があります。

  これ、自家製マークなのです。

  マークがついている料理はお店の自家製、ついていない料理は…
  冷凍食品やレトルトパックを温めただけ。

残念なことに、フランスの多数のレストランやホテルで、
こうした出来合いの料理が提供されているそうです。

このままではイカン!と言うことで、2014年に「自家製」の認証制度が作られました。

というわけで、
レトルトってどんなんかなぁ〜? 試しに食べてみよっ!と
イロイロ注文したのでした。
------------------------------------------

食べてみた感想は、
やっぱり……ではありましたが、

この旅行で、初めてシェフと2人だけの夕食です!
凱旋門を見ながら、オーシャンゼリゼ〜♪ なのであります!
充分ぜいたくな食事になりました。

食後はお約束の凱旋門へ
 


とにもかくにもお腹イッパイ(またしても)で、この日は終了。
明日21日は日曜日。
友人に教えてもらったビオマルシェへGO♪




 


この記事のトラックバックURL
トラックバック